短期借入金 長期借入金

借入

一般的な概念として返済期間1年以内の借入から返済までの期間がかかる場合にはを短期融資。

返済期間1年を超える融資を長期借入というのが一般かともいますが、どちらが審査に通りやすいか?というところではやはり短期です。

もちろん理由もシンプルで、返済期間が短ければ短いほど銀行としてもリスクが減ります。回収するのにお金を使っているようであれば余計な経費がかさむだけなのでそういった点からも当然のようにリスクの小さい短期は長期に比べて借りやすいと言えます。

また短期融資は、返済資金の裏付けがあるケースが多いので貸しやすいというのもあるかもしれません。

長期借入おすすめ

長期での返済を視野に入れる場合には低金利というのを最優先にしていく必要があります。

モビット実質年率 3.0%~18.0%

モビットの方が低金利で借入を出来る可能性が高いということになります。まずは10秒簡易審査でスマほから審査してみましょう。

短期借入金 長期借入金 借り換え

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭が重なったり、入学式や卒業式の準備で出費がかさんだりして、お給料日前に生活費がピンチになることも、時にはあるものです。

また、買い物をしすぎたり、飲み会が続いたという理由で、ピンチになることもあるかもしれません。

そういう時、成人して自立した大人が、両親にお金を借りるというのは、ちょっと情けないですし、だからと言って友達に借りると、人間関係が壊れることにもなりかねません。

でも、どこかで誰かに借りないと、お給料日まで生活できないという時は、キャッシング会社の短期借り入れがとても便利です。

今は、短期無利息のキャッシングサービスを提供している会社が増えているため、上手に利用すれば本当にお得です。短期無利息とは、融資を受けてから、キャッシング会社が定めている期間内に完済できれば、金利がかからないというものです。

ですから、次のお給料日までの短期借り入れなら、無利息でお金を借りられて、ピンチを乗り切ることができるのです。
無利息になる期間は会社によって異なりますので、以下を参考にご自分の状況に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。短期借り入れを上手にお得に利用して、ピンチを乗り切りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ