カードローン 審査 他社借入

他社借入

カードローンを利用において、他社借入件数3件規制というものがあります。

一般的に大手の消費者金融は、この件数を基準に審査結果などに影響してきます。もちろん自社の借り入れも含めてそれらの債権すべて合わせて3件。というものが基準になっているということになります。

もちろん完済しているものに関しては、この借り入れの件数に入りませんので関係性はなくなってきます。

さらに中小の消費者金融になってくると、借入件数などの審査結果で融資可能になるために知っておくべき事項について紹介しておきます。

みなさんもご存じの通り消費者金融というものは他社借入5件まで可能といった風に許容範囲が大きくなってきます。

ですので一般の大手の消費者金融で利用を考えている方はこの三件規制というものにしたがって考えてみると良いかと思います。もちろんこの件数を超えてくると審査結果に於いてNGという結果が遅れてくるということになりますのでこの辺も利用する際には、3件の会社からしかかりいれができないということになるので選択の際には熟考する必要があります。

ここで重要となってくるのが大手消費者金融を利用する会社選びですが、おすすめ3社を紹介しておきます。

消費者金融 審査 他社借り入れ

即日

モビットを選ぶ3つのPOINT

・10秒簡易審査でスピード対応!
・業界唯一の電話連絡なし、郵送物なし!
・来店不要のWEB申し込み可能・提携ATMでの出金可能!

詳細はコチラ


照会記録で借入している方の事実が開示されます

借り入れ

ちなみに現時点での借入が分3社利用しているとすると、新たにもう1社から契約を行いたいと思っても確実に契約できるという確証は当然なく、どうしても敬遠されがちの立場となってしまうのは紛れも無い事実となってくるかと思います。

そういった場合には、現在借りている3社をまとめてまとめて一緒にするなどのことをして対策を打てば多少なりとも可能性は広がってくるかと思います。

これらの情報に関しては、完済した場合にはその完済日の翌日から信用情報機関の全情連に反映されることになりますので、契約することが可能になってくるかと思います。

事実上はこうすることによって、借入することは可能になってくるかと思いますが、それは表面のことで実際には4社から借入していることと何ら変わることがないのですが、借入総額を増やすということも可能になってくるかと思います。要は増額可能という流れになってくるかと思いますが、この辺に関しても油種担当者や金融機関によってもちろん異なってくることなので、あくまでも可能性がでてくるということになるということになります。

こうすることによって、見かけは3社の借り入れというトリックが完成してしまうというわけです。

ですが、他社で増額した場合にはそれらの情報自体もおのずと現在利用中の銀行にもわかることなので、限度額が増減する可能性もあるのでどちらが良いかという部分においては一概に言い切れない部分はありますが、この辺はその時の自分の返済状況を確認しながら選択してみましょう。

多重債務になっても人と返済することが可能なのであれば、非常に有効な選択肢にもなりいるかと思いますし、見込みがないのであればリスキーな話になってくるので現状を把握して、自分の返済できる金額というものをもう一度生産してみる必要もあるかもしれません。

よく考えて利用してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ