35日サイクルの返済の最大のメリットと取扱い企業

多くの消費者金融で設定されている返済の35日サイクルですが、一般的に取り入れられているところがほとんどありませんが、実際にそのようなサイクルがどのようなものかというと、初回借入の日から返済していく次回の返済日が今回返済した翌日から35日いないというものが設けられています。

これがどういうことかというと、一般的な企業での給料日は25日払いというのが主流かと思いますが、一般のローンであれば返済は毎月決まった日にちに引き落とされますが消費者金融などではプラスアルファーされた日数での返済猶予が与えられています。

単純に返済までに余裕をみた返済期日を定めてくれているということになります。

その35日サイクルを取り入れている消費者金融がアコムです。

これらの意図としても、複数社で借入している方には非常にありがたいシステムとなるのですが、実際に借り手からすればこれは事実上返済日が35日後なので返す日が変わってくるので利息も上乗せされてしまうというデメリットも共存して生まれてきます。

全てには何らかの意図があるもので、その意図を汲み取った上でうまく利用するか?

うまく利子を回収されるか?

というところのどちらかになるということになります。

ですので、単純に短期で見ればメリットしかありませんがそのようなこともあるので実際に年間で考えてみると、普通なら年間で12回返さなくてはならないのが普通ですが、実質年に10回しか返済しなくても良いことになります。

このような事を理解した上での利用に関しては非常にメリットの高いキャッシングとなります。

給料日がバラバラの方や、諸事情で返済日を柔軟に対応している方が返しやすい形態の方もいるのでこのあたりのことも考慮して利用してみましょう。

各社違うメリット返済方法を起用している消費者金融は?

返済方式 繊細学の設定方法 起用している金融機関
借入れ後残高スライド元利定額返済方式 元金+利息が借入れ残高に応じて変動する方式 モビットプロミス
元利定額リボルビング 元金+利息が毎月一定額になる方式 レイク
借入金額スライドリボルビング 元金+利息が借入れ残高に応じて変動 レイク・アコム

返済方式にも多種多様有り、どの返済方法が一番効率が良いというのも返済プランしだいなので、

  • 毎月変動せずに固定金額で返済したいのか??
  • もしくは、借入残高に応じた返送する返済方法が良いのか??
  • このあたりは全て返済時のシュミレーションで検討しておきたいところなので、少額なら借入金額スライドリボルビング方式や、残高スライドリボルビング方式のような、残金に応じて変動する方がメリットが高いかと思いますし、

    逆に長期の返済を希望するような、まとまったお金を借りる場合には元利定額リボルビング方式のような毎月一定の金額を返す方式の方が返済計画が立てやすい傾向にあるのでこのあたりを参考に利用してみましょう。

    これらのことを踏まえてこちらを参考に利用してみましょう。

    キャッシング即日|比較ナビ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ