キャッシング 与信

与信

実際にキャッシングを利用するにあたって申込書を記入することによって実際に申し込み記入部分の確認や個人情報などをコンピューターによる与信システムによって審査されることになります。

このシステムには、自社与信と信用情報機関の二つに分かれます。これらを用いることによって利用後の未来の状況を予測するということです。

当然この与信システムに関しては、キャッシングを利用する際の審査において絶対的な判断基準となっていますが、最終決定したいはやはり与信担当者が行うので、このようなコンピューターの管理された情報によっての審査内容がすべて反映されるということはありませんが、これらの情報によって限度額が上がったり、下がったりと言うような事は当然出てくるかと思います。

与信システムではわからないもの

なぜこのような与信システムに全て頼らないか、というところではやはりコンピューターだけでは、判断しきれないその人の「仕草」・「言動」・[印象」・「態度」・「挙動」といったようなものは、数字化できない部分なので当然人の手によってしか判断できない判断基準となってくるかと思います。

もちろん、自動契約機や店頭などであれば対面与信や、モニターなどからの間接対面与信になるので当然このような人の目によってでしか判断できない要因を、担当者が直に確認することができることによって貸倒しのリスクもなってくることにつながります。

当然今の時代では間接的な与信が通常化されているので、審査などを申し込む際においてもかなり敷居が低くなっているかと思います。

キャッシング 与信枠

与信キャッシング

キャッシングを利用するにあたってこのような信用機関情報の照会であったり、照会情報の承諾といったようなものは、必須となっていますがあなた自身の情報や、債務状況を登録することになりますのでこの辺は再度認識しておきましょう。

特にこれらに登録されることによってデメリットがあるわけではなく、返済などに際して遅滞や貸倒しなどがあった際には契約の可否であったり、利用限度額が変わってきたりするということになります。

ですので与信システムを使った審査というものは単純に説明すれば、加減方式によって債務者の判断をする、という表現がいちばん当てはまっているかと思います。ですのでこのシステム自体が強いものでも何物でもなく、サラリーマンや自営業者、持ち家所有と賃貸マンションといった風に個人の状況に合わせて変化する仕組みとなっています。これらの情報は各社共通で共有されている情報となります。

当然のことながら住所不定、住所変更未完了、電話番号の有無(固定電話・携帯電話)、勤務先などこれらの項目はかなり重要な要素になってくるので予めご確認しておきましょう。もちろんですがパート・アルバイト・派遣社員・契約社員・正社員などによっても左右されます。

信用情報機関の情報というものは、クレジットカード、住宅ローン、消費者金融など鳥を利用するにしても登録されるので、事実上を誰もが登録されているものでもあります。

これらの2つの与信システムによって抽出された金額が、あなたの与信額となりその範囲内での貸付が可能となってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ